スポンサード リンク

円安、株高、インフレにみる借金返済

円安、株高がこともなげに続いております。
借金の返済に追われるものにとってはこの
流れに乗らない手はありません。




円安、株高によって景気回復の足音がする中、政府が金融緩和で
インフレを誘導することから、サラリーマンの所得も上がって
いくのやもしれません。


今じゃ昼間のランチに日高屋の定職で仲間数人と愚痴をこぼしている
サラリーマンでも、数年前までの円安バブルのときは、下もとろける
高給和牛に舌鼓を打っていたものです。



1ドル120円とかユーロ円160円なんていうリーマンショック以前では
それこそ、サラリーマン大家さんとかポンド円のトレードで六本木ヒルズに
引っ越した男などが続出したものです。

あの古き良き牧歌的な緩やかなバブル景気の再来かと思えば
今いくら多額の借金があったとしても、やはり多少は頬も緩まずには
いられません。


そして、なによりも借金返済するものにとっては、やっかいなデフレ
脱却がありインフレによって実質借金が目減りしていくということが
歓喜の叫ぶ声も聞こえてきそうです。


お金の価値が下がって、物が自然と売れるようになれば、企業は景気が良くなって
ボーナスを社員に払わざるをえません。

給料が上がれば自然と過去に背負った借金はどんどん相殺されていくことでしょう。
但し原材料の輸入価格高騰などで消費物価も高くなることから一般庶民の生活費も
上がっていきます。



経済ですからことはそう単純ではありませんが、実際の経済動向をよくご覧になっておけば
チャンスが必ずでてくるでしょう。


借金の返済者にとっては、いつもながらの会社に依存しているだけの状態なら
こういった変化への対応も遅れがちになります。


やはり美味しいものは情報のある者、時代を見る目のある者が優先して持って
いくことでしょう。



今何に投資をするか、そしてこの先どういったものが価値がでるのか
借金をしてでも後で値段があがるものに投資をしておくことで
借金を使った美味しい果実が得られるものだと思います。


円安になる気配のある為替相場などはFXで円を売って外貨投資をすることなどは
その代表的な例なのかもしれません。



借金を積み重ねるわけですから多少のリスクはおのれが背負うことになりますがチャンスをものにできるかどうかが今後の人生を豊かにしてくれるものでしょう。

借金返済はFXで返す

タグ:インフレ
posted by 借金返済方法.マニュアル at 20:20 | 借金 返済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。