スポンサード リンク

借りたお金は返すの当たりまえ!?

借りたお金は返すのが当たり前の人間であるということは
だれもが悲しいくらい分かっていることだと思います。


「お金を借りてはいけません!」とか「借りた物は必ず返しなさい」と
小学校の道徳の授業で先生が教えていたことは忘れていないはずです。


しかしながら借りたお金が返せなくなるなんてことは、どう考えても
よくある事実です。


そんなことを言っていた先生ももしかしたら、多額のローンを組んで
家などを購入していたのではないでしょうか。




借りたお金が返せなくなることは道徳的な観念ではよくないことであることは
間違いありません。しかし世の中は道徳的な観念よりもむしろ物質的な思想や
多種多様な欲求に支配されています。



このような矛盾をかかえた普通の人間では
どうしても借りたお金を返すのが当たり前と思い込み
やがてはどうにもならない、多額のローン返済に追われる
羽目になってしまいます。


お金の貸す人の心理からいえば、物言わず一生かけて金利を
払い続けてくれる真面目な人は理想的なお客さんです。
たくさんの広告を打ち、さも素晴らしい物や環境が手に入ると
思えば、どうしても欲しくなるのが人情というものです。


そうして借金をこさえて、永延とお金を返すのが当たり前の
状態になります。



借金が返せなくなること


借金を返せなくなると一体どうなるでしょう?それは返すことが当たり前に
考えている人にとってはとても恐ろしいことのように思えます。


借金を返せなくなれば、それは職場やまわり近所に知れることになりますが
普通はそんなに激しい追い込みをかけられたりはしないはずです。


返したい気持ちは山々であるとキチンと話し合いをすれば、相手も返済計画に
耳を貸すはずです。ヘタにに飛ばれでもしたらそれこそ厄介ですから。


そうして恥も外聞も捨てきれることで、借りたお金を返さずとも先延ばしにする
ことも可能です。


お金がない、どうしても借りたお金が返せなくなるなんてことは誰にでもあります。


この際、すべてを洗いざらいにさらけ出す気持ちで今一度借金問題解決に
取り組んでみてはいかがでしょうか。


借金問題解決の決心をする
posted by 借金返済方法.マニュアル at 01:18 | 借金 問題 解決 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金問題は逃げずに解決

借金問題は逃げずに解決させることは不可能ではありません。
借金返済に追われすべてを投げ捨てるような考えはすぐに
捨ててしまいましょう。




借金問題で頭を抱えている人は、その巨額な返済のためもはや
打つべき手立てもなく、打ちひしがれていることかもしれません。


そのような時には踏み倒し、夜逃げ、退職や離婚など現状から
逃避をしたくなるものです。



しかし、この戸籍の発達している日本では、夜逃げや踏み倒しを
しても住民票がある限り、必ず身元は摑まれてしまいます。


それに、離婚や退職などしても、今よりももっとすさんだ生活に
なることは必至です。もし実行するならば、きちんとした計算と
計画のもとにするという人はいます。


借金問題の解決には逃げずに戦う姿勢が大事です。



ではなぜ、借金問題は解決できるのでしょう。


それは多くの場合、借金とは貸すよりも何かと借りる方が
強い場合もあります。




借金返済が出来なければ、まずは債務整理のために弁護士に
相談したり、返済の減額にあたることもできますし、ましては
最終的には自己破産など借金をチャラにだってできることも
あるでしょう。


債権者はなにかと督促やら嫌がらせをしたりしますが
しかしこうした法的手段にはめっぽう弱いということは
知っておいて損ではありません。



債権者はあらかじめ不動産の競売やら給料の差し押さえなど
いろいろな手を講じてくることですが、それだって打つ手が
ないわけではありません。


腹をくくっていれば、大方のことはできます。


まずは借金返済で逃げようなどとは思わず、きちんと
解決しようという意思が大事ですよね。


もちろん働いてきちんと返すということが一番ですが
それでもできないときに、いろいろと相談できる相手を
見つけてみましょう。


借金返済は知恵と行動で、大抵は乗り切れるものではないでしょうか。
posted by 借金返済方法.マニュアル at 20:29 | 借金 問題 解決 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金問題解決と決心

借金問題の解決にむけて決心することはその抜本的見直しとともに
個人の状況把握と外部の経済環境を見ることで借金問題解決の糸口になる
ことでしょう。




借金の問題解決にあたっては、一朝一夕にいかないことが
多々あることでしょう。


複雑な相続問題や自己破産、多重債務など種類は様々です。

借金返済の解決にむけて

これら複雑な事情は個人様々な人間関係や経済的理由から
伴うトラブルや問題に発展していることもあります。


しかしながら、外部環境や社会の経済、法律などの影響も
あることも忘れずにおきたいものです。


外部環境でみれば
相続税率の引き上げや総量規制などがありますよね。
または今の日本の経済的デフレ状態であれば
借金の重荷はますます増えるばかりです。


そして、今後おとずれるであろう高齢化社会や税と社会保障の
一体改革など、収入の伸び悩み、さては高額税率で家計の苦しさは
ますます増えます。



ともすれば、暗いニュースばかりですが、しかしながらこれらは
自分だけの問題ではなく、社会全体の問題でもあります。



いつの世も混乱期には社会や政界に激変が起きて、維新などの
大規模な革命がありました。




今の支えている日本の制度ももうかなり体質が古くなっていることも
あるでしょう。



先の見えない、状況の分かりづらい世の中だからこそ
庶民の結束やパワーなどはこういうときにこそ本領が
発揮されます。



借金問題の解決などは、日本にハイパーインフレなどが
おきれば、それこそすっ飛んでしまうようなことかもしれません。



世界的評価の下落と日本国債の暴落などは決して起こりえない
ことではありません。ユーロ圏など先進国でも現実に直面している国さえ
あることでしょう。



要は大局を考えれば、もしかしたら、今抱えている借金問題も
ちっぽけなこと、とは言いませんが、己だけの考えや行動だけでは
大きく問題解決にはいたらない場合もあります。



庶民の借金生活としては、日々家庭や人間関係をよりよく保つことや
その筋の専門家がやはり頼りになることは間違いありません。
posted by 借金返済方法.マニュアル at 16:46 | Comment(0) | 借金 問題 解決 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。