スポンサード リンク

借金で破産寸前!!いっぱいいっぱい

借金を多く抱え破産寸前状態でいっぱいいっぱいになって
もう何をしてもいいやら、解決方法もわからず自分に対して
収集がつかないときもあります。




借金の督促がひっきりなしにあれば、そりゃ頭も混乱し
仕事も手につかない、周りの人間関係もそりゃまずくも
なります。



でもまあ、落ち着きましょう。



なにがあっても借金で破産したからといって命までくれとは
言わないはずです。



借金で破産寸前であるときこそ、人生逆転のための本領発揮するチャンスでも
あるかと前向きに捉えることが肝要です。



そして、今の自分を本当に見つめなおすいい機会でもあります。


日本人は昔から、三種の神器を大事にしてきました。
それは「刀」、「玉」、「鏡」です。


刀は武力を表し、今でいう仕事の道具でもあり、情報やスキルといったものでしょう。

玉はお金を表し、玉を大事にすることはお金の知識を増やし、また使い方をよく考えるように
することです。

最後に鏡は己のことです。鏡をみて己をよく見てください。あなたの顔は生活態度から
思い悩んでいることもまで、すべて表情に表れていることでしょう。


太古から受け継がれてきた、日本人の精神性は間違いなく、あなたの遺伝子にも
きちんと宿っています。



借金返済で破産寸前になったとしても、自力で立ち上がるべくことは
あなたの努力しだいで、次第に叶うことが出来る問題です。



あらためて言う必要はありませんが、仕事をキチンと守り
お金を大事にすること、そして己を知ることです。


借金返済のための自己統制を整えることで、破産寸前の
暗闇から脱することとなります。


その後には次の一手の妙案も浮かんでくるはずです♪
posted by 借金返済方法.マニュアル at 18:39 | 借金 破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金で破産寸前!?


借金で破産寸前!?という人は世の中
一体どれほどいるのでしょうか。




借金で破産寸前であるかどうかなどの
統計など詳しく調べた訳ではありませんが

巷に流れる倒産のニュースや自己破産者の増加傾向
などをみていますと、近年増続けていることは
間違いないでしょう。




そもそもが借金で破産寸前であるというのは
振り出した手形が支払い日に銀行決済されないブラック企業や

ボーナスカット、リストラなどで
マイホームのローンが滞っているサラリーマン
などで
ありましょう。



最も個人で言えば、消費者金融やサラ金で借りたお金で生活の
やりくりをしているような人もやがては自転車操業にいたることを
考えれば、借金の破産予備軍とも遠からず言えなくもないかもしれません。




借金の重さは目に見えない





こうしてみると、やはり借金というものに対する甘さという
ものが浮き彫りに見え、借金の重さを感じることが少ないのかと
思ってしまいます。




例えば、数十万円の借金であれば、毎月の生活のやりくりの
中から捻出することになり、生活費から削りとらねばならない
苦労が伴います。



食費を安くすませたり、電気を消したりとわりとけなげな行動で
借金返済を身近に感じることもできます。



しかし、これが数百万円から数千万円など途方もない金額ですと
ちょっとの努力では借金の返済は不可能になります。



ですから、こうした借金は肌で感じるよりも、頭の中の計算と
なって借金の重さを体感することもなくなります。



そして、例えばサラリーマンも数年もたてば借金をしてマイホームを
購入致します。


マイホームを買うのに3千万円なんて
どれだけの重さかわかりますか?



それを知ることができれば、あなたは借金で破産することなく
富裕層の仲間入りができることでしょう。

                     借金で破産寸前!? 2
posted by 借金返済方法.マニュアル at 05:10 | Comment(0) | 借金 破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

借金で破産寸前!? 2


およそ30年のローンで一戸建てが自分のものになりますよ。
それは分かりますが、その30年の中であなたはどれだけ会社で
仕事をし、ストレスを抱え、またはたくさんの商品や情報など
販売したりサービスをしなければなりません。


その間、順調に行けばまだましとしても、30年のうちに会社や家庭で
なにも起きないとは決して言い切れるものでもありません。


その30年というのはどれだけの重さなのでしょう。


その延長が日本の借金が1000兆円に達するいわれて、その返済が
何百年かかるといわれてもピントこないことに繋がっていくのでは
ないでしょうか。



借金は細く長く貸す




借金は細く長く貸すというのが、銀行が考えるサラリーマンなどの
貸し方ではないのでしょうか。


サラリーマンは会社に勤めていれば、安定した収入が見込めることから
長期にわたって、金利を払い続けて頂けます。



こうした属性からマイカーローン、教育ローンや
結婚、育児ローン、福祉ローンなど様々なローンサービスを
提供しています。



こうしてサラリーマンは飼いならされ、最後は住宅ローンで
借金の重さを知ることなく、会社に束縛され見えない鎖に
繋がれてしまいます。


しかしながら、借金の怖さを知るのはこうしたローンが払えなく
なったときでしょう。


その時は銀行のローンは既に一杯ですから、自然と金利の高い
所へと流れていきます。


今まだローンで購入した車や家、資産運用していた株券など
様々な担保でこういった高利貸しはショートで飼いならされた
サラリーマンを落としにかかります。


そして、気がついたときには身ぐるみ剥がされていることになるでしょう。



借金で破産になる人はいくつかの不運が重なることも多いと思いますが
こういったベルトコンベアーに乗せられているサラリーマンはいつどこででも
借金で破産する危険性をはらんでいるといえましょう。


まずは、身をもって借金の重さを肌で感じ
借金返済の苦渋をきちんとした将来設計へと
変えていかねばならないでしょう。

借金返済の計算
posted by 借金返済方法.マニュアル at 05:07 | Comment(0) | 借金 破産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。