スポンサード リンク

借りたお金は返すの当たりまえ!?

借りたお金は返すのが当たり前の人間であるということは
だれもが悲しいくらい分かっていることだと思います。


「お金を借りてはいけません!」とか「借りた物は必ず返しなさい」と
小学校の道徳の授業で先生が教えていたことは忘れていないはずです。


しかしながら借りたお金が返せなくなるなんてことは、どう考えても
よくある事実です。


そんなことを言っていた先生ももしかしたら、多額のローンを組んで
家などを購入していたのではないでしょうか。




借りたお金が返せなくなることは道徳的な観念ではよくないことであることは
間違いありません。しかし世の中は道徳的な観念よりもむしろ物質的な思想や
多種多様な欲求に支配されています。



このような矛盾をかかえた普通の人間では
どうしても借りたお金を返すのが当たり前と思い込み
やがてはどうにもならない、多額のローン返済に追われる
羽目になってしまいます。


お金の貸す人の心理からいえば、物言わず一生かけて金利を
払い続けてくれる真面目な人は理想的なお客さんです。
たくさんの広告を打ち、さも素晴らしい物や環境が手に入ると
思えば、どうしても欲しくなるのが人情というものです。


そうして借金をこさえて、永延とお金を返すのが当たり前の
状態になります。



借金が返せなくなること


借金を返せなくなると一体どうなるでしょう?それは返すことが当たり前に
考えている人にとってはとても恐ろしいことのように思えます。


借金を返せなくなれば、それは職場やまわり近所に知れることになりますが
普通はそんなに激しい追い込みをかけられたりはしないはずです。


返したい気持ちは山々であるとキチンと話し合いをすれば、相手も返済計画に
耳を貸すはずです。ヘタにに飛ばれでもしたらそれこそ厄介ですから。


そうして恥も外聞も捨てきれることで、借りたお金を返さずとも先延ばしにする
ことも可能です。


お金がない、どうしても借りたお金が返せなくなるなんてことは誰にでもあります。


この際、すべてを洗いざらいにさらけ出す気持ちで今一度借金問題解決に
取り組んでみてはいかがでしょうか。


借金問題解決の決心をする
【借金 問題 解決の最新記事】
posted by 借金返済方法.マニュアル at 01:18 | 借金 問題 解決 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。