スポンサード リンク

借金で首がまわらなくなる前に

借金で首がまわらなくなるなんてことは
人間生きていれば、それこそ一度や二度は
必ず起こりえる出来事ですよね。



借金で首がまわらないとは、あちこちで借金を抱えるような
多重債務に陥っていることもあり、借金の金利、返済が間にあいませんから
さて今後どうしたらよいのかを考える必要があります。



人生山あり谷ありですから、そりゃ、のっぴきならんことも
多々ある訳です。


借金に追われて西にするのか東へいくのか
人生は本当に岐路の連続ではないのでしょうか。



生きているリスクを計算せよ




自分が生きている中で起こりえるリスクがわかれば
それに前もって対処することで、借金が今以上に増えたり
首がまわらなくなる事態が避けられることもありますよね。


1、会社の倒産、リストラ、左遷など
2、離婚、別居、家庭内不和暴力、子供の非行
3、病気、交通事故、天災、災害
4、連帯保証人、人間関係のトラブル
5、車、家の補修、整備


お金のかかることなら、何でもそうですが、こういうことは
突然に立て続けにやってくるものです。


一つのことであれば、自分の預金内や想定内で対処できたとしても
2,3つと災難が重なると、普通の人間であればニッチもさっちも
いかなくなるなることが多いのです。


借金で首がまわらなくなる人というのは、こういったリスク管理が
やや甘い傾向があります。


まずはどんなことでもリスクをリストアップしてみることが大事です。



リスクに見合ったプランを立てる




リスクをうまく回避したり、仮に起こった出来事があったとしても
すでに計算のうちに入れておくことで、何もあわてることなく
対処することができると思います。


一つは保険です。今では保険会社によって様々な保険のプランが
用意されている時代です。


病気や怪我、火災や事故などはもちろんのこと
失業中の生活や老後のプランなどもしっかり保障してくれるものが
あると安心です。


2つ目は借入先の確保です。
借金で首がまわらなくなるということは
すなわちお金の入り口が狭いこともあります。


大きなトラブルに備えて、常日ごろから借入先を
何個も確保しておくことも良いでしょう。



やはり、親兄弟、親戚付き合いはもちろん大切なことです。
いざ頼れるのはそういった身内であるのも確かです。


しかし、少しぐらいの借入金であれば、銀行などその他
金融機関との取引でも良いでしょう。


カードなども余分にあれば安心ですよね。



まずはそういったいざ起こりえるリスクを
管理しながら、今できる行動をとるべきでは
ないでしょうか。
posted by 借金返済方法.マニュアル at 03:59 | Comment(0) | 借金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。