スポンサード リンク

借金返済の計算

借金返済の計算をしておくことは、どんなに資金繰りが苦しく
怒涛のごとく押し寄せてくる返済日にむけても
安心して対処することができます。



借金返済と計算 収入と支出
借金返済と計算 借入と返済



これらをうまくかみ合わせることで、とてもらくに
借金の返済ができるようになります。


借金返済の計算で使う一覧表の作成



借金返済の計算をする前に必要なものは
自分が一体どこから、いくら借金しているのかを
把握する必要があります。

そのための、一覧表を作成しましょう

借入どころ、締め日、返済日、総額、金利、毎月の支払い額など
あれば充分でしょう。


例)
借入どころ   〆   返済日  総額   金利  支払額
セドンカード  10日   翌4日  1000,000  15%  3,000
フロミス    月末   翌15日  5000,000 18%  3,000
にこにこ銀行  月末   翌久5日 2,500,000 8%  20,000
............
............
............
............




上記のように一覧表の作成を完了させてみましょう。
借金の返済は漠然と頭で考えていても、結構甘かったりゆとりを
持ちすぎたりして、支払日になって泡を食っている方も良く見かけますので
ぜひ注意してください。




借金返済の計算をする




借金返済の計算は自分がどこで、いくら借りているかを把握してからは
あとは話が早くなると思います。



自分の収入から、必要経費、借金の金額を差し引き
引き落とし日までに確実に入金させることが大事ですよね。




借金の返済日はまってくれることはありませんので
なにが何でも払う必要があります。
あまりにも返済が滞ると信用問題を引き起こし
取引停止にもなりますからね。



借金の計算は毎月一定の金額を自分の支払い可能範囲に
設定することがいいでしょう。




借金の返済の計算はそのようにして、どのくらい返していけば
いつまでに返済が完了するのかを導きだしてくれることでしょう。

posted by 借金返済方法.マニュアル at 18:28 | 借金 返済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。