スポンサード リンク

借金返済には座って考える時間を作る


借金返済には座って考える時間をつくることは
時には大切です。


借金返済のため頭をよくするには

一般的な考え方ですと
借金返済という重責を負っている以上、家族の生活や
子供の未来のためにわが身を省みず一生懸命働くことも
大事です。



朝からラッシュアワーに揉まれ、会社では残業の毎日で
精も根も疲れ果ててしまうこともわかります。



そして、知らず知らずのうちに会社の歯車となって
ご自分の家計などどうなっているのか、皆目見当も
つかなくなってしまいます。


会社では誰しもがそうですので、別にそんなことは
気にも留めませんよね。


しかし、そういった会社や社会に身を寄せていれば
安心だという神話は借金返済の世界では通用しません。




マイホームやマイカーの銀行ローン程度ならば、低い金利で
長期に渡って返済金を吸い上げられていきますから、中々気づかない
こともあります。


しかし、多額の借金で購入したローンはやがて家計の首を
絞める元にもなりますから、注意が必要ですよね。





やがて、銀行ローンの変動金利は上がり、子供も成長していけば
それだけ教育がかかります。保険や税金もあがることでしょう。



病気や怪我など突発的なことや親の老後のこともあります。



こうした未来を予測するためには、時には椅子に座って
ご自分の将来や家計を見直す必要があります。



今の収入から借金返済の充当金や貯金など
今後起こりえる出費なども視野にいれながら
ご自分の財政管理をしっかりと行うことが
いいのではないでしょうか。



より充実した未来を過ごすためには、今の現状をやや
厳しく試算することも大事です。




借金返済と借入先の新規確保などもあるとよりよく
資金の回転も効率があがるでしょう。
posted by 借金返済方法.マニュアル at 03:09 | 借金 返済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。